スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 Are you ready to ROCK?
2008.04.04(Fri)
トッド・ラングレン Todd Rundgrenの来日ツアー初日、1stステージ。
ビルボードライブ大阪にて。

高野ファンなら一度はトッドのライブを見ておかねばと前々から思っていた。でも昔の曲しかほとんど知らないし、好きな曲は何曲もあれど熱心に追いかけているわけでもなく。
そんなわたしが最近の彼の活動もろくに知らぬまま予約をしたのが先月の話。

今回のライブのメンバーは、
  
トッド・ラングレン/Todd Rundgren(Guitar/Vocals)
ジェシー・グレス/Jesse Gress(Guitar/Vocals)
カシム・サルトン/Kasim Sulton(Bass/Vocals)
プレイリー・プリンス/Prairie Prince(Drums) 

実際に聞いてみると、とても素敵なライブで1時間あまりでは物足りなく感じた。
席はステージ前のテーブル席。たった1メートルほど先でトッドがストラトをかき鳴らし歌う姿には圧倒されてしまった。バラードもあると予想していたので、完全なロックで驚いた。でもそれがかっこいいのだから、凄い。

一曲一曲を区切って演奏するので、ライブの流れはスムーズとはいえないところもあった。
音もバランスが悪いように感じることもあった。(これは、座った席によって聞こえ方が随分違ったようです。kumaさんのコメント参照。)
それでも、やはりライブでこそ感じる迫力は魅力だ。夢中で聴き入る。

「I saw the light」が聴けたのはかなり嬉しかった。最初に好きになった曲をライブで聴けた嬉しさもあって、感激した。
演奏以外では、曲の合間に放った「Are you ready to ROCK?」の一言が本当に格好良かった。

トッドも格好良かったが、ベースのカシム・サルトンが素晴らしかった。
ユートピアというバンドでトッドとともに活動していた彼のことは、このライブで知ったのだが、ベースはうまいし、歌声がとてもセクシーなのだ。演奏中の楽しそうな笑顔も素敵。
彼のことを知ったのが今回の一番の収穫かも。

わたしはあまりいろんな人のライブには出かけないのだが、ふっと思い立って出かけたところでいい出会いがあると、もっとあれこれ広く聴いてみようかななんて浮かれてしまうのだ。

”I Saw the Light” Todd live at the Tampa Theatre




=========================
【追記】
Youtubeの動画、来日公演後にアメリカで行ったライブのものに変更しました。
より、レポート当日の感じが分かるのではないかしら。
=========================



以下は余談。
【余談 その1】
トッドは、曲の合間に軽いジョークを飛ばしたり、割とよくしゃべっていたのだが、その内容はわかるので笑えるのだけど、語感というか口調はよくわからなかった。英語のスキルをもっと磨いておけばよかったなと思った。

【余談 その2】
わたしの後ろのテーブル席には、熱心なトッドファンのお父さんとその妻、3人の子供という5人の家族連れがいた。
ライブ前の食事のときに、ホール担当の男性が、その子供たちに「せっかく大人が来るところに来たんだから覚えてみる?」といって、ナイフとフォークの使い方を教えてあげていたのが、素敵だなと思った。
その男性をはじめ、ビルボードのスタッフは凄く気が利くし対応が丁寧だった。

【超自意識過剰的余談】
カシムの演奏に惚れ惚れとして彼ばかり見ていたら、ピックが飛んできた。
残念なことに、手元に届く前にわたしのテーブルの角に当たって、【余談 その2】に登場したお父さん(とその息子)がそれを手に入れた。
その後。カシムはこちらを指差し、もう一度ピックを手にした……そのところで、間奏が終わって演奏に戻る彼はピックをドラムの裏に手放した。残念。
あの指差しはわたしに向けてのものであったらいいなあ。これも素敵な思い出よ。
// 23:59 // 音楽の話 // Trackback(1) // Comment(4)
<<花の舞う日に | ホーム | はじめて>>
コメント
 
《KUMAさん》
こんにちは。はじめまして。
コメントとトラックバックありがとうございます。

同じステージを見た方がすぐに見つかるとは、人数が少なかっただけに少し驚いてしまいます。
本当にいいライブでしたね。またすぐに来日してくれるといいですね。

PAの件、教えて下さってありがとうございます。事情を知らないで書いてしまったことを恥ずかしく思います。
// 2008.04.12 // 12:00 // URL // 恵風 // edit //
 
mixiの足跡から来ました。

私も同じステージを見ておりました。(指定席取ったのにあまり意味がなかった)

私もブログにレポートをアップしたのでトラックバックさせていただきました。

ちなみにPAですがステージ左側にいた日本人のミキサーさんはモニター担当で、客席用のミキサーさんは客席最後尾でトッドのスタッフが担当しています。
最前列はメインのスピーカーの死角になるので壁に当たって跳ね返ってきた音ばかりを聞くことになりバランス悪くなってしまうんですよね。
目の前で見るか、良い音で聞くかのトレードオフという感じです。

なんにせよ良いライブでしたね。
また来日してくれることを期待しています。
// 2008.04.11 // 09:09 // URL // kuma // edit //
 
《miinoさん》
そうですよね。CDでも音楽は聴けるけれど、その場にいるからこそ体験できることがあるから、ライブはやめられないですね。

miinoさんは人を憶えるのが得意なのですねえ。いろんな方を憶えていらっしゃるようで、わたしはなかなか憶えられないので感心しました。
ヘラヘラとライブを見ていたので、その様子を御覧になったと思うとちょっと恥ずかしいですね。

カシムの指差しは、あくまで希望的妄想なのですが、そう言っていただけると思い出として大事にできます。ありがとうございます!
// 2008.04.11 // 00:24 // URL // 恵風 // edit //
 
その場でしか味わえないというところが,いつまでもライブに行くのをやめらなれない理由です。kasimほんとに素敵っす。(^^;

家族連れの前のテーブルに恵風さんがいらっしゃったということで,確実にあの方がそうだったのだというのがわかりましたが,印象では長年のファンが楽しんでいる感じでした。高野の奈良のライブで前にいらっしゃったので,お顔は覚えているはずだったんですが,なにか見覚えがあるかな?程度で,恵風さんだとは思いいたらず失礼しました。ほかにもなにか見覚えがあるなーという人がいらっしゃったもんで,みんなどこかのライブ会場で見かけたのかもと思ってました。

Kasimが指差してたのは,きっと恵風さんでしょう。
// 2008.04.09 // 21:59 // URL // miino // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 Todd Rundgrenライブレポート
前の日記でAlice Cooperのレポート書いたばかりですが、もう一つたまって
【2008/04/11 08:59】 | KUMANOMIX
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。