スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 通奏低音/考えすぎず
2012.06.24(Sun)
120624黄色いの17時11分撮影。

新しい校舎を建てたり、キャンパスを広げたり、大学そのものも随分様子が変わってきている。周辺の町並みも変わってきている。懐かしいあの店もいまはもう別の店になってしまった。


午後から研究会。
1974年に当時学生だったA先生の発表から始まったこの会は今月で450回目を迎えた。今回はそのA先生のご発表。久々に先生のご発表を伺った。学部生の頃からわくわくしながら授業を聞いていたことを思い出した。

会のあと、A先生のご退職と450回の記念に宴会が開かれた。
ある先生が「始めることより、続けることのほうが難しい」と仰ったのはその通りだと思う。
参加する人は入れ替わりがあるとはいえ、40年以上同じ会を継続することはなかなか大変なことだ。誰かの「しなければならない」ことではないのだから。

それに、個人の研究もそうだ。
A先生のご研究は、学生の頃から始められたテーマが現在の研究に通じている。昔、授業で「通奏低音」ということばを先生は使っていらした。今日の発表を伺いながら、そのことを思い出した。
続けることは難しい。わたしは一度ドロップアウトしているからこそ、余計にそう思う。

「あまり先にあれこれ考えすぎず、進んでみること。」
学部生の頃からのわたしをよくご存じのA先生は、そのように声をかけてくださった。
// 23:59 // 空の写真 // Trackback(0) // Comment(0)
<<見えざる手 | ホーム | いつかそのうち>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。