スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 街の呼吸
2012.03.24(Sat)
渋谷、明日の神話

一昨日渋谷から表参道のあたりを歩いたとき、いつのまにか変わってしまった街並みに記憶の中の街並みをを重ねながら歩いた。もちろん、以前のまま残っている古本屋やカフェだってある。でも、そこにあるものの中にも少なからず入れ替わりがある。たとえば、棚に並ぶ本、新しいメニュー。街を歩く人や青山通を流れてゆく車も同じこと。そして、その街を歩くわたし自身も、当時のままのわたしではない。

人の細胞は数年ですべてが入れ替わるのだという。
白血球のように数日で入れ替わるものもあれば、内臓のように数ヶ月で入れ替わるものもある。ただし、脳の細胞はそのような入れ替わりはないとか。中枢はそのままに、その容れものは少しずつ入れ替えて。なんだか遺伝子のようだ。

街そのものも、ひとつの大きな生き物のように、少しずつ変わりながら息づいている。変わってゆくものと変わらずにあるものとのはざまでバランスを取りながら。
// 23:59 // 空の写真 // Trackback(0) // Comment(0)
<<娘は娘 | ホーム | 春に向けて>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。