スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 アナログライフ
2012.01.15(Sun)
午前中は少し陽もさしたけれど、午後からは曇りの一日。
インターネットから距離をおいて過ごす。こういうアナログな日も必要だ。

アナログということで、パソコンを使わずにする授業準備はノート作り。資料をめくってノートに書き込む。今日のは現代俳句。
この俳句の授業をする予定の高2のクラスで、去年短歌の授業をしたとき、はじめて韻文を授業で扱うおもしろさを感じた。細々ではあるものの「国語の先生」を始めてもうすぐ10年になろうとしているけれど、ようやく少しだけ「分かってきた」のかもしれない。
自作することはないものの、詩を読むのは好きだし、好きな歌人や俳人だっている。しかし、自分が好きなのと教えるのとはまた別な話だったんです。(だからこそ「国語の先生」が向いていないとも思うこともしばしばあるのです。)
だから、去年短歌の授業をわたし自身が楽しめたのは凄く嬉しかった。
そんなふうに、教員自身も生徒に育てられてゆく。幸せなことだと思う。

夜になって、昨日買った柴崎友香『フルタイムライフ』(河出文庫)を読む。
読後、そのタイミングを知っていたかのように、髭面の乙女から電話。
最近は長話をしていなかったのだけれど、今夜は2時間ほど話しこんだ。彼からまたおもしろい本や音楽の話を聞き、これからの楽しみが増える。

普段から電脳生活にストレスを感じるほどの電脳生活を送っているわけでもないし、仕事上デジタルなものの恩恵は多分に受けていてもアナログな部分もかなりの割合を占めるし、わたしの場合はさほど意識することでもない。しかし、自分でコントロールしているという実感は持っておくべきなのだろうとは思う。

// 23:59 // きょうのできごと // Trackback(0) // Comment(0)
<<空を眺めに | ホーム | そわそわとねぎらい>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。