スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 授業始めと採点
2012.01.12(Thu)
120112採点の祭典

16時9分撮影。

職場3、授業始め。
少し体調を崩した生徒もいて全員が揃っていないクラスもあったけれど、大きな怪我や病気の者はおらず、おおむね元気に三学期を迎えられた。年末年始の話などをしながらズムーズに授業に入れた。初回の授業はもっとだらっとしたがる生徒も多いのかと思ったら、そうでもなかったのはなかなかよかった。中学生も高校生も実質二か月の三学期を大事に過ごしてもらいたい。

昨日の課題試験、高校生の分は職場で採点した。
一学期の成績に比べて、大いにクラスの平均点が上がっているのが嬉しい。問題の難易度は変わっていないので、純粋に彼女たちの取り組みが結果に表れているとみていい。だからこそ、嬉しい。

中学生の分は、自宅のおこたで採点。
我ながら新年早々採点の面倒な問題を出したものだといやになるけれど致し方なし。深夜に行う採点の祭典。教える仕事自体をいやになったことは一度もないけれど、何年やっても採点は苦手。国語科の面倒くさいところだ。前の職場の上司でものすごく採点の速い方がいらした。いつかはそんなふうになれるのかしら。

そういえば、職場1の試験もそろそろ作らねば。どうしようかな。
// 23:59 // 空の写真 // Trackback(0) // Comment(0)
<<そわそわとねぎらい | ホーム | 日常と非日常>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。