スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 2011年から2012年へ
2011.12.31(Sat)
もうすぐ年も改まり、2012年を迎えます。

今年は三月に東北で大きな震災と福島の原発の事故が起きました。
時は流れてもうすぐ一年を迎えることになります。様々なことが少しずつ前へ進んでいるとはいえ、依然としてあの日のままのものがたくさんあります。この未曾有の国難を受けて、それぞれの人がそれぞれに自分の力やできることについて多くのことを考えてきたのではないでしょうか。
わたし自身にできることといえば、ごくわずかなことしかありません。しかし、それを継続することで誰かの役に立てるのだと考えています。そして、何より「忘れない」ことこそが大事なのだとも考えています。
決して遠くで起きた他人事ではないのですから。

日本の国内だけではなく、国外でも大きな出来事がたくさん起こり、決して穏やかであるとは言えません。この2010年代は、これからをどう生きるかということを我々ひとりひとりが本当に問われる時代なのでしょう。
だから、見ること、聞くこと、考えることから逃げてはならないと思います。

今年は、わたし個人にとっても大きな変化の年でした。再出発の年。
新たな挑戦の機会を与えてくださった方やそれを応援してくださる方、家族、友人――様々な人に支えられていることを強く実感しました。

特に、やっと戻ることのできた研究のことでは、授業のことにしろ発表や論文のことにしろ、本当に恵まれていました。偶然のことが要因としてあるにしても、駈けだしで実績もろくにないわたしに手を差し伸べてもらえたのは、羽海野チカさんが言うように「私がもう1回返せるものがあると見込んだから、声かけてくれたんであって」ということなのだと肝に銘じて過ごしました。
かけてもらった期待にどのように応えていくかが、来年からのわたしの大切な課題です。

今年は本格的にランニングをするようになり、神戸マラソンと奈良マラソンで10kmを走りました。
ギターも少しだけ練習し始めました。
新たな充実感を感じることができたのも幸せなことです。

高野さんのライブをたくさん体験できたことも幸せなことでした。
一年間に出かけた回数としては、今までで一番多い十回。様々なハプニングも、出会いも、ときめきもすべて大切なものとなりました。来年も心の震える素敵な音楽を。

東北の震災のこともあり、個人的な出来事もあり、人の生死のことについても時間をかけて考えた年でもありました。過去は戻らないからこそ、今をどうするか。自分の触れられる、ぬくもりを感じられる大切な人のために何ができるか。自分の姿勢を決められたことで、今年は大きな節目となりました。

2011年、いいことが多かった人にも、つらいことが多かった人にも、2012年にいいことがたくさんありますように。どうか穏やかに素敵な一年を迎えられますように。本当に心から祈ります。


それでは、みなさんよいお年を!
// 21:00 // Selbstportrait // Trackback(0) // Comment(0)
<<謹賀新年 | ホーム | 帰省>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。