スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ナニワ・サリバン・ショー
2011.12.21(Wed)
111221ナニワ・サリバン・ショー

梅田ブルク7にて鑑賞。

そろそろ公開終了となることに気がついて、なかなか見るタイミングを得られずにいた清志郎さんの映画を観に行ってきた。平日の夕方なのに、大勢の観客がいた。

2001年・2004年・2006年の過去三回、大阪城ホールで開かれたナニワ・サリバン・ショーの映像を編輯したのが今回の映画版だ。でも、ただの編集版ではなく、ライブにゆかりのある人達が様々なキャラクターを演じて、三回分のライブをひとつの物語に紡ぎ直しているのがよかった。ほんのちょっぴりの出演なのに、みんな楽しそうで、いかに清志郎さんが愛されていたかを見たような気がした。

映画館なので大きな声だしたり手拍子を打つことはできなかったけれど、でも、新たな清志郎さんのライブを見たかのような満足感がある。

2006年の回は実際に大阪城ホールで楽しんだので、特にこの時の映像は懐かしかった。このとき初めて清志郎さんのライブをみて、ますます大好きになったことを思い出した。

この間の高野さんのライブのときに、先に映画を見ていた友人達があれこれ見所を教えてくれたので、はしゃぐ高野さんとか、高野さんの満面の笑みとかを堪能するだけでなく、仕事に打ち込む我らが宮川剛を見つける楽しみもあってよかった。

上映が終わったとき、会場内で自然と拍手が起きた。もちろんわたしも拍手をしていた。本当にごく自然なことだった。ひとつのライブを見終わった気がしたのは、決してわたしだけではなかったのだ。



// 23:59 // 映画の話 // Trackback(0) // Comment(0)
<<GLOW | ホーム | へろへろとはいえ>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。